AWS欧州(スペイン)リージョンにより、お客さまはスペインでワークロードを実行して、データを安全に保管しつつ、さらに低遅�でエンドユー�ーにサービスを提供可能に

この新しいAWSリージョンは、10年間にわたって計画されているスペインへの25億ドル(約25億ユーロ)以上の投資を通じて、年間1300人以上のフルタイム雇用をサポートする見通し

AWSは、アラゴン州で15万ドル(約15万ユーロ)のAWSインコミュニティーズ・ファンドを立ち上げ、地域のコミュニティー・プロジェクトを支援

BBVA、キャビファイ、バルセロナ・ホスピタル・クリニック、メリア・ホテルズ・インターナショナル、レンフェ、レプソル、スペイン包摂・社会保障・移民省など、イベリア半�の数万のお客さまがAWSでイノベーションを実現

(ビジネスワイヤ) -- アマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)傘下のアマゾン ウェブ サービス(AWS)は本日、欧州で8番目のインフラストラクチャリージョンとなるAWS欧州(スペイン)リージョンの開設を発表しました。本日より、デベロッパー、スタートアップ企業、起業�、大企業のほか、政府、教育機関、非�利団体は、高度なAWSテクノロジーを使用して革新を推進し、スペインにあるデータセンターからアプリケーションを実行してエンドユー�ーにサービスを提供するためのより広範な選択肢を利用できます。10年間にわたってスペインへの25億ドル(約25億ユーロ)の投資が計画されており、AWSは、この新リージョンの建設・運�に伴って予測される支出が1300人以上のフルタイム雇用をサポートすると見積もっています。AWSはまた、新しいリージョンは10年間でスペインの国内総生産(GDP)を18億ドル(約18億ユーロ)押し上げると見積もっています。また、同リージョンへの取り組みの一環として、AWSは、AWS欧州(スペイン)リージョンが置かれるアラゴン州の15万ドル(約15万ユーロ)のAWSインコミュニティーズ・ファンドを発表しました。現地の団体、学校、組織による新しいコミュニティー・プロジェクトの開始を支援します。AWSグローバル・インフラストラクチャーの詳細情報については、aws.amazon.com/about-aws/global-infrastructureをご覧ください。

AWSのインフラストラクチャー・サービス担当バイスプレジデントのプラサド・カリャナラマンは、次のように述べています。「クラウドにより、あらゆる種類と規模の組織がイノベーションを加速し、ビジネスプロセスを改善し、顧客やエンドユー�ーの体験を刷新することができます。当社は、新しい世界クラスのインフラストラクチャーを現地で構築し、スペインのお客さまが最高レベルのセキュリティー、可用性、耐障害性を実現できるようにするという約束を果たしています。また、アラゴン州に投資し、現地の学校や組織が主導するコミュニティー・プロジェクトを支援できることを誇りに思っています。AWS欧州(スペイン)リージョンへの投資は、この国の経済発展、雇用創出、事業の成長を支援するAWSの長期的な取り組みを反映しています。」

スペインのペドロ・サンチェス首相は、次のように述べています。「世界有数のテクノロジー企業がスペインに投資したことをうれしく思っています。AWS欧州(スペイン)リージョンの開設は、我が国をデジタル経済の先進国として位置付ける上で重要な節目となります。」

AWS欧州(スペイン)リージョンの開設により、AWSは29地域で93カ所のアベイラビリティーゾーンを持つことになり、オーストラリア、カナダ、インド、イスラエル、ニュージーランド、タイの6カ所のAWSリージョンにさらに18カ所のアベイラビリティーゾーンを立ち上げる計画がすでに発表されています。AWSリージョンは、明確に異なる地域にインフラストラクチャーを配置するアベイラビリティーゾーンで構成されています。AWS欧州(スペイン)リージョンは、3カ所のアベイラビリティーゾーンから成り、ダブリン、フランクフルト、ロンドン、ミラノ、パリ、ストックホルム、チューリッヒの7カ所の既存のAWS欧州リージョンに加わります。各アベイラビリティーゾーンは相互に距離が十分に離れているため、顧客の事業��を支えることができます。逆に、複数のアベイラビリティーゾーンを使用する高可用性アプリケーションで低遅�を実現できる程度に近接して設けられています。各アベイラビリティーゾーンは独立した電源、冷却装置、物理的セキュリティーを備え、冗長な�低遅�ネットワークで接�されています。高可用性を重視するAWSのお客さまは、複数のアベイラビリティーゾーンでアプリケーションを実行することで耐障害性がさらに高まるように設計することも可能です。

AWS欧州(スペイン)リージョンの開設により、一般データ保護規則(GDPR)に準拠したアプリケーションを構築するお客さまは、最高レベルのセキュリティー、コンプライアンス、データ保護を満たすことができる欧州連合(EU)のもう1つの安全なAWSリージョンにアクセスできるようになります。また、AWSはEsquema Nacional de Seguridad(ENS)で「高」認定を受けており、つまり、当社のインフラストラクチャーはスペインの政府機関や公的組織向けの最高レベルのセキュリティーとコンプライアンスを満たしています。

顧客はAWS欧州(スペイン)リージョンを歓迎

スペインの組織は、世界190カ国以上で毎月AWSを利用している数百万のアクティブ顧客の一部です。これには、イベリア半�の数万のお客さま、そしてスペインの株価指数IBEX35の上場企業の75%以上が含まれます。企業では、アクシオナ、アトレスメディア、アヴォリス、サンタンデール銀行、バンキンテル、BBVA、CAF、セルサ、セプサ、ドルナスポーツ、エンデサ、グルプ・メディアプロ、グルポ・エネオ、イホス・デ・リベラ、マドリレーニャ・レッド・デ・ガス、マホウ・サン・ミゲル、マフレ、メディアセット・エスパーニャ、メリア・ホテルズ・インターナショナル(メリア)、ナタージュ、NH ホテルズ、レプソル、サンタルチア、セクリタス・ダイレクト、ボロテアがAWSを選択し、機敏性と革新性を高めています。スペインの公共セクターの組織や機関では、カンタブリアン・ヘルス・サービス、マドリード市、コレオス、アンダルシア州政府、アラゴン州政府、レンフェ、スペイン王立アカデミー、スペイン農業・漁業・食品省、スペイン包摂・社会保障・移民省、ジャウメ1世大学、カタルーニャ・オベルタ大学がAWSを使用し、コスト削減と市民サービス向上を図っています。スタートアップ企業では、Cabify、Devo、Fever、Fintonic、Flywire、Glovo、Holaluz、Job and Talent、LactApp、LetGo、Monei、Odilo、RavenPack、Signaturit、Smile and Learn、Telecoming、Wallbox、Wanup、Webbeds、WefoxがAWSで事業を構築し、迅速に規模を拡大して地理的事業範囲を広げています。スペインの中小企業では、Ayesa、Cash Converters、Fashiola、Help Flash、Imagina Energía、Materiales de Fábrica、Spherag、WikilocがAWSを採用し、セキュリティーと拡張性を強化しています。

BBVAは、総資産7380億ドル、顧客数8700万人以上、従業員数11万4000人以上を擁し、25カ国以上で事業を展開する顧客中心のグローバル金融サービス・グループです。BBVAのグローバル・エンジニアリング責任者のホセ・ルイス・エレチゲラ・ホヴェン氏は、次のように述べています。「AWSのおかげで、当社は新しいプロジェクトを迅速に開発し、急速に事業を拡大し、セキュリティーを向上させるとともに、欧州規�や国際規�に準拠することができました。当社はAWSと共に、BBVA C-fitのような革新的なクラウド・プロジェクトを開発しました。これは、AWS上に構築されたプラットフォームで、価格設定や勘定リスクの管理で使用する市場データの管理を単純化します。また、当行は完全準拠の非接触型決済システムを開発・実装し、オンデマンド・スケーリングによりコストを大幅に削減することができました。当行はスペインのAWSリージョンを歓迎します。これにより、当行のデジタル変革を加速し�け、お客さまに最高の銀行体験を提供することができます。」

キャビファイは、スペイン初の「ユニコーン」(評価額が10億ドルに達するテクノロジー・スタートアップ企業)として、8カ国40都市以上でマルチモビリティー・アプリケーションを運�し、4200万人以上のユー�ーと企業をそれぞれのニーズに最も適した交通手段でつないでいます。キャビファイは、AWSを活用してコア・アプリケーションを駆動し、車両の位置を追跡することで、ドライバーと乗客のつながりを実現しています。キャビファイのカルロス・エレーラ最高技術責任者は、次のように述べています。「AWSの世界的事業範囲はキャビファイのようなテクノロジー企業にとって極めて重要です。当社はユー�ーにリアルタイムのサービスを提供し、持�可能なイノベーションに注力しています。AWSによりキャビファイは、時間が重要なこのセクターで求められる信頼性を得ることができます。また、重要なデータベースへのアクセスの遅�を2秒から45ミリ秒未満まで低減することができ、ドライバーと乗客に最高品質の体験を提供できるようになりました。この新しいAWSリージョンは、スペインにおける現地の技術コミュニティーの形成に向けた大きな一歩となります。当社の技術チームの約80%はスペインに拠点を置いており、当社のクラウド投資をスペインに移すことは、現地の技術者の育成に貢献することになります。キャビファイでは、ユー�ーのためにプライバシーとセキュリティーの最前線に立つべくたゆまぬ努力をしており、AWS欧州(スペイン)リージョンにより、欧州およびスペインの規�に則したプライバシー・コンプライアンスを大幅に単純化することができます。」

バルセロナ・ホスピタル・クリニック、メリア、包摂・社会保障・移民省、レンフェ、レプソルの事例を含むその他の顧客事例については、press.aboutamazon.comをご覧ください。

スペインに拠点を置くAWSのパートナーもAWS欧州(スペイン)リージョンを歓迎

AWSパートナーネットワーク(APN)には、世界各地の数万社の独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)とシステム・インテグレーター(SI)が含まれます。AWSパートナーは、AWS上で革新的なソリューションとサービスを構築しており、APNは、事業面、技術面、マーケティング面、商品化面のサポートを顧客に提供することで支援を提供しています。AWSのSI、コンサルティング・パートナー、ISVは、企業や公共機関の顧客のAWSへの移行や基幹業務用アプリケーションの導入を支援し、顧客のクラウド環境の監視、自動化、管理サービスを全面的に提供しています。スペインを拠点とするAWSパートナーには、アクセンチュア、ACKストーム、Anadat、Apser、Arrow、アトス、ATシステマス、オーディエンス、BBVA ネクスト、キャップジェミニ、クララネット、クレヨン、デロイト、デヴォ、デボチーム、DXC、エボルティオ、富士通、IBM、インドラ、イネトゥム、イングラム・マイクロ、イテラ、IThinkUPC、キープラー、キンドリル、ロジカリス、マジックビーンズ、NTTデータ、オプティヴァ・メディア、アウトシステムズ、パラディグマ・デジタル、レッドポインツ、セイドル、SoftwareONE、シンタックス、TDシネックス、テックエッジ、テレフォニカ・テック、Tシステムズ、ゾイなどがあります。

NTTデータは、世界第9位のITサービス企業で、2010年よりAWSパートナーとして、お客さまがAWSソリューションを計画、評価、開発、提供できるよう支援しています。AWSソリューションは、世界的事業範囲と現地顧客の重視を統合してお客さまのビジネスを変革します。NTTデータ・スペインのセルジ・ビオスカ最高経�責任者は、次のように述べています。「当社はAWSと協力し、スペインの企業がイノベーションを起こし、事業を拡大し、成長を加速させるよう支援しています。本日、スペインにAWSリージョンが開設されたことは、我が国でデジタル変革を加速させる上での節目となります。AWS欧州(スペイン)リージョンは、低遅�、エネルギー効率、国内データ要�への準拠など、お客さまにさらなる利点を提供します。AWSリージョンと高い技能を有する当社のクラウド専門�チームにより、お客さまが自社のアプリケーションを素早くAWSに移行し、新しいクラウドネイティブなサービスを迅速に開発し、事業を最新にできるよう支援します。当社は、クラウド技術について��的に従業員を訓練しており、この2年間で550人以上をAWSで認定して、お客さまに変革的なソリューションを提供し、スペインの発展を後押ししています。」

テレフォニカ・テックのユースケースを含むその他のAWSパートナー事例については、press.aboutamazon.comをご覧ください。

スペインの人材の技能向上

AWSは、スペインのデベロッパー、学生、次世代のITリーダーのスキルをAWS re/Start、AWS GetIT、AWS Academy、AWS Educateといったプログラムを通じて高めることに��的に投資しています。2017年以降、AWSはスペインで10万人以上のクラウドコンピューティング技能の訓練を支援してきました。このようなAWS教育プログラムにより、あらゆる経歴や経験を有する学習者がクラウド分野でのキャリアの準備をすることができます。大学の講座からフルタイムのトレーニング・プログラムやマイペース学習用コンテンツまで、AWS教育プログラムでは、クラウドコンピューティングのキャリアを開始する上で必要なスキルを学�ことができます。AWSとマドリード商工会議所が協力し、2020年にAWS re/Startプログラムをスペインで実施しました。AWS re/Start技能トレーニング・プログラムでは、クラウドコンピューティングにおけるエントリーレベルの役割向けに個人を教育し、雇用主候補につなげています。また、AWSはスペインの地方自治体と協力し、AWS Academyプログラムを職業訓練プログラムに導入しています。今後2年間で、アンダルシア州で6000人、アラゴン州で2000人の学生がAWSトレーニングを受けて、需要の高いクラウドのキャリアに向けて準備するとAWSは推定しています。これらのプログラムは、2025年までに世界で2900万人が無料のクラウドコンピューティング・トレーニングで技術力を伸ばせるようにするというアマゾンの取り組みの一環です。

持�可能性への取組み

アマゾンは、クライメート・プレッジの一環として、より持�可能な企業になり、パリ協定よりも10年早い2040年までに事業全体で炭素ネットゼロを達成することに取り組んでいます。アマゾンは2019年にクライメート・プレッジを共同で立ち上げ、その最初の署名者になりました。クライメート・プレッジの取組みの一環として、アマゾンは、当初の2030年の目標よりも5年早い2025年までに、100%再生可能エネルギーでの事業運�を実現しようとしています。アマゾンは、世界最大の再生可能エネルギーの購入企業であり、2021年末時点で、事業全体で再生可能エネルギー比率85%を達成しました。アマゾンは、スペインで16�の再生可能エネルギー・プロジェクトを発表し、そのクリーンエネルギー容量は1.5ギガワットを�えています。アマゾンのスペインにおける再生可能エネルギー・ポートフォリオが完全稼働すれば、スペインの85万世帯に毎年給電するために必要な電力が生産されることになります。コンピューティング・ワークロードをAWSに移行する組織は、カーボン・フットプリントを削減するアマゾンの持�可能性への取り組みによる正味の効果を得ることができます。

アマゾン ウェブ サービスについて

アマゾン ウェブ サービスは15年以上にわたり、世界で最も包括的で広く導入されているクラウド・サービスとなってきました。AWSは、事実上すべてのクラウド・ワークロードをサポートするためにサービスを��的に拡大しており、現在、演算、保存、データベース、ネットワーキング、アナリティクス、機械学習、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティー、ハイブリッド、仮想現実と拡張現実(VR、AR)、メディア、アプリケーション開発、導入、管理のための200�を�えるフル機能のサービスを29カ所の地域にある93カ所のアベイラビリティーゾーンから提供しています。また、オーストラリア、カナダ、インド、イスラエル、ニュージーランド、タイでさらに18カ所のアベイラビリティーゾーンと6カ所のAWSリージョンの計画が発表されています。最も急成長している新興企業、大企業、主要政府機関を含む数百万のお客さまが、AWSを信頼してインフラストラクチャーを強化し、即応性を高め、コストを引き下げています。AWSの詳細については、aws.amazon.comをご覧ください。

アマゾンについて

アマゾンは、4つの指針として、�争よりも顧客に目を向けること、発明に情熱を傾けること、優れたオペレーションに注力すること、長期的に思考することを拠り所としています。Amazonは、地球上で最も顧客中心主義の企業、地球上で最高の雇用主、地球上で最も安全に働ける職場であるすべく懸命に努力しています。利用者レビュー、ワンクリック・ショッピング、個人に合わせたお勧め、プライム、アマゾン・フルフィルメント、AWS、Kindleダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out技術、Amazonスタジオ、クライメート・プレッジは、アマゾンが先駆的に開始したものの例です。詳細情報については、amazon.com/aboutをご覧いただき、@AmazonNewsをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Amazon.com, Inc. Media Hotline Amazon-pr@amazon.com www.amazon.com/pr

Amazon.com (NASDAQ:AMZN)
Historical Stock Chart
From Jan 2023 to Feb 2023 Click Here for more Amazon.com Charts.
Amazon.com (NASDAQ:AMZN)
Historical Stock Chart
From Feb 2022 to Feb 2023 Click Here for more Amazon.com Charts.